エログをCSVで更新する方法!48記事1時間半で投稿できる爆速テンプレート!

エログをワードプレスで運営しているなら、CSVでの更新が効率的です。

 

エログをCSVで更新すると爆速ですから。

 

「CSVってなんですか?」っていうお話は、私も120%噛み砕いて説明するのは面倒ですから、各自ググって下さいw

エログをCSVで更新するとなぜ速いのかって話ですが、CSVファイルを作るのは1画面で完結するんですよね。

1記事1記事作るんじゃなくて投稿したい分だけ一気に作成できますから、あっちこっちページを移動する必要もなし。

 

例えば同じカテゴリだったりキーワードだったりタグだったりの動画記事を作りたいときには、コピペでさささーっと作れます。

48記事くらいだったら1時間半もありゃいけますね。

MEMO

私が実際に使っているCSVファイルを提供します。ワードプレスで効率よくエログを更新するのに便利なので、ぜひチェックしてみて下さい。

購入はこちら

エログをCSVで更新するためのプラグイン

私の場合ですが、エログ用のCSVはスプレッドシートで作成しています。

動画のリストや外注さんとの共有も簡単なので、エログ関連のデータは全てスプレッドで管理しています。

 

スプレッドシートでCSVを作って、「Really Simple CSV Importer」というプラグインでインポートする。

ワードプレスでCSVを扱うならReally Simple CSV Importerが鉄板ですね。

スプレッドシート×Really Simple CSV Importerなら、特別な手間なくアップロード出来ます。

エログをCSVで更新するためのファイルの作り方

「具体的にどうやってエログ用のCSV作ってるの?」という質問をいただきますけど、それぞれのエログによってCSVの内容や書き方も変わってくるんですよね。

なので、私の場合のお話になりますけど、参考にできる部分はどうぞして下さい。

使用するタグ

CSVに使っているタグは

  1. post_date
  2. post_type
  3. post_status
  4. post_title
  5. post_content
  6. post_category
  7. post_tags
  8. post_thumbnail
  9. post_id

以上の9つです。まぁ特別なものはないですねw

9番目のpost_idはなくてもいいかもですが、管理のしやすさと、CSVの再アップする必要が出てきた場合のために記述してます。

CSVをもっと楽にする

CSV用のタグの他に「動画URL」と「タグ」っていう項目を用意しておきます。

この2つに入力した値を、CSVに反映させる関数を組んでおくと楽ですね。

 

言葉だとイメージしづらいかもなんで仕上がりを画像で。こんなです。

Dセルのタイトルと、HセルのサムネURL、Iセルの動画URLをEセルのpost_contentに反映させる関数を入れておきましょう!

JセルのタグをGセルのpost_tagsに返す関数も入れておくといいですね。

CSVファイルを提供します

CSVの作り方って、いくら説明しようとも苦手な人はとことん苦手ですよね。

私も1から10まで丁寧に説明すればいいんでしょうけど、ググればいくらでもCSVの作り方なんて出てきますからねw

こんな場末のエログ講座で何時間もCSVについて記事書いても誰も見ないでしょうw

 

ということで、私が実際に使っているCSVファイルを販売します。

 

ぶっちゃけ価値あるCSVなので迷ったんですが、結構CSVについて悩んでる人も多いみたいなので、数量限定として提供させもらいます。

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です